キャッシングの落とし穴

キャッシングを利用すると、キャッシングをする事が癖になってしまい、お金が足りなくなると直ぐにキャッシングに頼ってしまいがちになります。キャッシングの返済日に返済をして、しばらくするとまたお金が足りなくなってキャッシングをしてしまう。

 

このキャッシングの返済額と借入額が同じ金額ならば、まったく返済出来ていないという事になります。同じならまだしも、少しずつ借入額が増えていく可能性もあります。

 

借金が増えて多重債務になってしまう可能性もある

こうなると、借金は雪だるま方式で膨れ上がっていきます。返済の為にキャッシングをするといった自転車操業をすると、自己破産への扉を開いてしまった事になります。1社でのキャッシングでは間に合わなくなってしまって他社へもキャッシングをし、多重債務になって自己破産です。

 

そうならない為にも、キャッシングをしている最中は新たな借り入れは新調に検討しましょう。まずは、生活を見直す事が先になります。それでも返済出来る見通しが立たなければ、借金が膨れ上がってしまう前に専門家へ相談してみましょう。

 

おカネ借りるスピーディおまかせ君

申込ブラックって何?

申し込みブラックと判断されるのは、短い期間に何社もキャッシングの申し込みを行う人です。何社も申し込みをしておいた方が審査に通る確率が上がるだろうと思うかもしれません。また、1社申し込みをしたけれども審査に落ちてしまって焦って何社も申し込みする人もいるかもしれません。

 

しかし、金融機関にしてみれば何社もキャッシングの申し込みをしている状況は「お金にかなり困っていて焦っている人」と映ります。そのような人にお金を貸して大丈夫だろうか、と不信感を持ってしまうのです。キャッシングの申し込み履歴は、信用情報機関に記録されます。
(参照:信用審査機関のCIC)

 

申し込みブラック履歴は、1カ月〜3カ月は残ります。

 

もし、申し込みブラックになってしまってどこからも融資を受けられない状態になってしまったら、期間を開けて申し込みしてみましょう。また、キャッシングの申し込みは1社ずつ受け、審査に通らなかったら新たに他社に申し込みする事をお勧めします。