即日審査で今日借りるcatbloghelp

即日審査で今日借りるcatbloghelp

銀行と消費者金融ではやはり審査が厳しいのは銀行の方と言えます。高額融資であり低金利で借りられる銀行では、厳しい基準で審査を行います。それでもその審査を行うのは同じグループに属する消費者金融である事も多いです。しかしながら同じグループ内であっても銀行と消費者金融の審査の基準は違っていて、銀行の方がより厳しくなっています。

 

カードローンとキャッシングとは言葉は違いますが、意味は全く同じであると考えても差し支えないようです。イメージの問題であるので、この2つの言葉はその時に応じて使い分けられているようです。

 

「即日審査で今日借りるcatbloghelp」というワードをヤフーで検索してきた方は、こちらのページのランキングを参考にして下さい。

銀行と消費者金融のカードローン審査で厳しいのはどちらの方か

カードローンと言うと銀行の特有の金融商品であるイメージが強いかも知れません。それでも消費者金融でお金を借りる時にもカードローンと言えますし、信販系の会社が発行するクレジットカードを使用してお金を借りる時にも同様となります。

 

カードローンの利用にはこのように3つの業種がありますが、その中で消費者金融と信販系でのカードローンの利用の際には総量規制の影響を受ける事になります。総量規制とは貸金業法で定められている借入れについての規制となっていますが、年収の1/3以下の借入れを限度としています。
それに対して銀行では総量規制が適用されないので、それ以上のお金を借りる事も可能になります。

 

そのような状況で銀行の保証会社を消費者金融や信販会社が担う事もあり、また消費者金融は銀行のグループに属している事もあるので、全く関係のない業種に思えますが実は関連性のある業界となっています。銀行の審査をグループに属している消費者金融が行う事もありますが、それでもそれぞれの金融会社によって審査の基準はまちまちとなっています。

 

銀行の特徴としては、借入限度額は消費者金融よりも大きく、最低借入限度額は10万円からとなっている銀行もある事や低金利である事から、審査はとても厳しくなっているという事です。

 

 

 

 

【銀行と消費者金融のカードローンの内容とは】

 

銀行と消費者金融の平均的な金利を比較すると、銀行の金利は3.0〜14.5%となっており、消費者金融の金利では4.5〜18.0%となっています。
また借入限度額は銀行の場合には500〜1000万円であり、消費者金融では300〜500万円となっています。審査については即日審査は銀行では対応をしていない所もありますが、消費者金融では大手の会社では対応をしています。
また在籍確認は銀行も消費者金融も双方とも行われます。

 

銀行のカードローンの場合には、初めから100万円を超える借入れも可能となり、大口の借入れに向いています。金利も低いので消費者金融よりも利息の支払いが少なくて済むので長期の借入れにも対応できます。
それに対して消費者金融では少額の借入れに向いています。金利は銀行よりも高くなっているので、短期間の借入れがお勧めとなります。

 

 

 

【カードローンとキャッシングの意味は同じ】

 

冒頭でも少し触れましたが、カードローンとキャッシングとは今では同じ意味として使われています。キャッシングをする時にもカードを利用して借入れをするので、キャッシングもまたカードローンという事になります。キャッシングという言葉のイメージでは余り良くない響きがある事から、消費者金融でもカードローンという表現を良く使用しています。そのような意味でもカードローンとキャッシングとは全く同じ金融商品であると言えるのです。

 

即日審査で今日借りるcatbloghelp

 

即日借り入れチャーリン